求められる学歴

求められる学歴

求められる学歴 ベビーシッターに学歴は不要ですが、やはり条件のよい仕事を得るためにはやはりある程度はあった方が有利です。
個人でベビーシッターとして仕事をする場合は、学歴は不要で、資格もいりませんが、ベビーシッターを派遣するような会社で働く場合は、一般常識や教養などが求められることもありますので、高校卒業程度か短大卒業程度の学歴があった方が高収入の仕事を紹介されやすい可能性があります。
資格がなくても仕事を得ることができますが、ベビーシッターの資格を持っていた方が、安心して仕事を任せることが出来ますし、依頼先での信用力もありますので、仕事をされるのであれば資格も保持しておいた方が将来的にも有利です。
個人宅で仕事をする以外にも保育ルームや保育園の補助的な仕事などを得るチャンスも出てきます。
また保育士や幼稚園教職の仕事を経験されていた方だと、高収入で仕事をするチャンスもありますので、結婚後や子供が成長した後も仕事をし続けることができるでしょう。

喫煙しているとベビーシッターになれない?

喫煙しているとベビーシッターになれない? 喫煙している人はベビーシッターになることは出来ないのでしょうか。
ベビーシッターを派遣している開設している事業所の多くは喫煙しているかどうかを採用時の基準として設けています。
タバコを日常的に吸っていて、止めることが出来ない人は雇うことが出来ないとある程度明確に決めているところも見受けられます。
理由はタバコの煙が赤ちゃんに大きな影響を与える可能性が高いという点と、タバコを吸うことによる作業効率などの低下を懸念しているという点が挙げられています。

タバコの煙、いわゆる副流煙は本人に影響を及ぼしているだけでなく、周囲にも影響を及ぼしているということは現在広く知られている事実です。
特に小さな赤ちゃんに与える影響は大人と比較すると甚大なものとなりやすいので制限しているということです。
さらに、赤ちゃんの前で吸わないとしてもベビーシッターの勤務時間は長時間に及ぶことがあり、吸えないことによってイライラするなどして、問題行動に発展してしまうことを避けたいと考えているためでもあります。
喫煙する人がベビーシッターになることは現状では難しいと言えます。